FX用語集

FX(外国為替証拠金取引)の世界には、数多くの言葉が存在しますが、その中からいくらかの用語を選んで説明しておきます。FXの用語を言い出すと、為替、あるいは為替取引全体の用語に発展しかねないので、このホームページで関わりのありそうな物だけ選んでいます。

ロング
買いの未決済ポジションを保有した状態のことです。

ショート
売りポジション、または売る、という行為、あるいは売っている状態のことです。

スプレッド
買値と売値の差のことを言い、一般にスプレッドが狭いほど良いレートといえます。 この開きは、取引業者や市場動向により異なります。

スワップ
スワップとは取引をした2通貨の金利差のことです。 スワップポイントとは、この金利差の金利調整分の受け取り/支払いのことをいいます。

買いスワップ: 高金利の通貨を買った場合、スワップポイントを受け取ること。
売りスワップ: 高金利の通貨を売った場合、スワップポイントを支払うこと。

アスク
売り気配値のことです。レート提示側の売りレートで、 トレーダーから見ると買いレートです。(同義語:オファー、反対語:ビッド)

オファー
売り気配値のことです。レート提示側の売りレートで、 トレーダーから見ると買いレートです。(同義語:アスク、反対語:ビッド)

ビッド
買い気配値のことで、レート提示側の買いレートで、トレーダーから見ると売りレートです。 (反対語:アスク、オファー)

クォート
取引の相手方に、に取引可能な買値(ビッド)又は売値(オファー)を (或いは両方を同時に)提示すること。

2Wayプライス
買いと売りの両方のレートを同時に提示することです。

レバレッジ
てこの原理のこと。レバレッジを効かせることで、小額の資金でも大きな資金の 取引を行うことができるようになり、小さな値動きでも大きな損益が 発生することになります。

スリッページ
注文の成立時に生じる、指定したレートと実際に約定したレートとの差のことで、 相場の急落/急騰など、市場状況によりこのスリッページが大きくなる場合もあります。 FX業者間でも異なります。

両建て
同じ商品のロングとショートポジションを同時に保有することです。 一般にはリスク回避のために使用します。

トレール注文、トレーリングストップ
逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文のこと。 売注文では、現在値が値上がりすると逆指値価格が自動的に引き上がり、 買注文では、現在値が値下がりすると逆指値価格が自動的に引き下がります。

ロールオーバー
未決済ポジションを反対売買しなかった場合や外貨受渡決済の申込みがない場合には、 自動的に決済日を繰り越します。この決済日延長をロールオーバーといい、 ロールオーバーが行われるとスワップポイントが発生します。

手数料
買いと売り決済の両方にかかる取引手数料。1万通貨あたりいくらと表示されているのが 一般的ですが、取引量によって異なったり、決済時は無料とか、手数料完全無料等々、 各社条件が違います。

取引単位
一般には10,000通貨です。1,000通貨から取引できるところもあれば、 10万通貨を主にしているFX業者もあります。

証拠金
外貨投資を行うために、取引業者に預け入れるお金のこと。 「保証金」「マージン」とも呼ばれます。

マージンコール
証拠金が一定の水準以下であることを知らせ、証拠金使用率が各社設定された%を超えると 自動決済されます。条件は各社異なります。

信用リスク
取引相手先の経営破綻や経営危機に伴い、投下資金の回収が困難になることです。 信託保全といって、投下資金が守られるようにしているFX業者もあります。

未分類

Posted by fxsystem