スキャルピングをオススメする理由

重複することも多くなりますが、私が何故、資金50倍計画にスキャルピングを採用したか、お話しします。

———————————–
まず、エントリーチャンスについてです。

ただ資産を増やすだけであれば、1日1トレードで大きく取るスタイルの方が楽ですし、危険も少ないかも知れません。安全なエントリーチャンスをじっと待って、確実な時に大きく取れば良いのです。

ところが、1日単位でノルマを課し、しかもそれを複利でまわしていくのであれば、エントリーチャンスが1日1回、、というようでは、お話しになりません。その日の運で、成績が左右されてしまいます。

ですので、「攻めたい時に、攻めたいだけ」エントリーできる手法を選択するのは当然です。

主要通貨を毎日チェックすれば、例えば最も動きの小さいUSD/JPYペアでも、2~3PIPS程度ならいつでも動いていることが分かります。
エントリーチャンスは一日中あるわけです。

———————————–
損切についてです。

損切についてですが、私は臨機応変に対応すべきだ、と初心者の頃から考えておりました。怪しいムードを察知すれば、マイナス1PIPSでも手仕舞いすべきですし、自信があるなら50PIPSマイナスになっても計画通り我慢したほうが良いかも知れません。

しかし、スキャルピングの場合は、ちょっと考え方を変えなければいけません。
利益確定を小PIPSに固定するなら、損切も浅く固定する必要があります。

臨機応変に利益を伸ばすからこそ、臨機応変な損切に意味があるのです。小PIPS勝ち逃げスタイルを採用するのなら、損切も浅く負け逃げしなければなりません。そうでないと、取り返すのが困難になり、以下で紹介する勝率と連敗のデータが全て狂ってしまいます。

利確と損切はセットです。このバランスが常に、利益 > 損切 でない限り、勝てないのです。どちらかのシステムだけ、違う考え方にしてしまったら、安定した成績は見込めません。
複利で増やすのなら、高い勝率や大きな利益を見込むのではなく、「安定した成績」が重要なのです。

———————————–
勝率についてです。

これも一般的に考えると、利大損小であれば、勝率などどうでも良いはずです。私も、もともと勝率は関係ないと考えていました。

ところが、今回の計画ではそうはいきません。
利確について、3PIPS勝ち逃げと決めている以上、勝率がある程度見込めなければ、損切を幾らに設定するか、判断がつかなくなります。
現在ではかなりの高確率で勝たせて頂いておりますが、当時はスキャルピングもあまりやった事が無く、自分がどれだけの成績を残せるかは未知数でした。

その為、本当にうんざりする程スキャルピングの練習をしながら、データを取りました。
面白い事に、スキャルに不慣れだった頃も、かなり慣れてからも、勝率はおおむね80%強であることが分かりました。

後で考えると、当然といえば当然です。
方向さえ間違わなければ、3PIPSはすぐに約定しますので、全勝も夢ではないのです。仮に間違えてしまった場合は損切ですが、損切設定は利確よりも大きくするため、「負ける確率の方が少ない」のはお分かりいただけると思います。
つまり、考え方としては「入るポイント」より「入ってはいけないポイント」を重視してトレードするため、勝率は安定してくるわけです。

勝率が80%と見込めるのであれば、3PIPSを4回勝って12PIPS、つまりスプレッド+12PIPSまでの損切であれば、マイナスになる事はありません。
その半分程度の損切に設定すれば、確実に勝てるわけです。
つまり、損切をスプレッド+6PIPS程度に設定すれば、5回取引のうち2回の勝ちと1回の負けでチャラ、あとの2回はまるまる利益になる皮算用です。
5回取引で、6PIPS残る。1日20回の取引だと24PIPS、50回の取引だと60PIPSは安定して取れる計算です。

———————————–
連敗率についてです。

これも非常に重要な意味を持ちます。
小さい資金を大きく増やすには、どうしてもハイレバレッジ的アプローチになります。10回のトレードで勝率80%なら、連敗の可能性は、2回です。

しかしながら、トレードは永続的なものなので、勝率が80%であっても、連敗率が高いと、、、例えば、10000回トレードで2000回連敗してしまう可能性があるなら、勝率80%であっても、先に破産してしまいます。
資金管理の観点からすると、連敗を何回まで許容できるのか、、というのは、非常に重要なわけです。

私のデータを見ると、幸いな事に連敗はほとんどありませんでした。
これも当然といえば当然です。「入ってはいけないポイント」の方が圧倒的に少ない以上、連敗の回数も減るのは当たり前なのです。

全ては、統計的に信頼できるデータを持ち込む事で、複利にての運用が安全か否か、査定できるわけです。

———————————–
取引時間帯についてです。

これは、私は恵まれていました。東京時間においても取引が可能だったからです。
東京時間のメリットとして、経済指標に影響されることが無い、ボラティリティが計りやすい、値動きが欧州やNYに比べて激しくない為、操作や判断にゆとりがある、等です。

トレンドフォローの損小利大スタイルの人には、東京時間は無意味だ、という人がいます。勿論そうかも知れないのですが、その時間帯にトレードスタイルを合わすことが出来るのであれば、トレードチャンスは多いにこしたことはありません。

スキャルについては、逆に東京時間の小動き、長いレンジ状態が多い方が、危険が少ないのです。

————————————

こうして考えると、1日1割、などの目標設定をした場合、スキャルピングは非常に効果的である事が分かります。

また、トレードの王道と言われるスタイル、、、勝率は関係ない、利確損切は臨機応変が有利、東京時間は魅力が少ない、、、など、これらの考え方がことごとくスキャルには当てはまらない、、ここが実に魅力的なわけです。

王道、と言われるスタイルを皆が採用していながら、ほとんどの人が負けているのです。
邪道(と考えられている)な部分で勝負した方が、他者との差別化は図れるかも知れません。

これで、資金50倍計画の手法的アプローチは決定しました。

実際には、私は手法より資金管理の方が重要と考えておりました。
先ほど、連敗を考えて利確損切の比率を約 1:2 にしましたが、これは1回のマイナスを2回で取り返せる計算となります。
しかし、計画実行が近づくにつれ、安全な資金管理の下であれば、チャンス時は多めの枚数で、、というような考え方も持ち込んだ方が効率が良い、と考えるようになりました。
ですので最終的には、勝率80%、連敗はほぼ無い、などのデータは、最低条件、と位置づける事になりました。

実は、そうでないと1日1割の資金増加というのは非常に厳しいノルマなのです。
4勝1敗、というのは動きませんし、仮に1日50PIPS取れる、というのも動きません。
もし獲得金額を効率良く増やしたいのなら、勝率とPIPSが決まってしまっている以上、あとは取引通貨量を増やすしか無いのです。

やみくもに増やしてしまうと、せっかくの安定したデータが当てに出来なくなる可能性があります。が、安定したデータの上に、理論的な枚数追加を載せてやれば、資金は効率良く増えるはずです。

ですので、最も効率の良い枚数を割り出すのは、しっかりとした資金管理が必要になる、、という考え方は、容易に導かれるわけです。

しかしながら、人間は弱いものです。
枚数を増やした時に負けてしまうと熱くなり、せっかくの計画が台無しです。
例えば枚数を2倍に増やしたときに負けると、いつもは2回で取り返せるはずのものが、4回勝たないと取り返せなくなるわけです。するとまた枚数を増やして、1発で取り返したくなったりします。
このような精神状態に陥る人は、枚数をフレキシブルに変えてしまうのは非常に危険です。

きっちりしたデータが出ても、それを戦術として活かせるか否かは、資金管理とメンタルにかかってくるわけです。